• Masako

モロッコの春のお祭り🎈CARNAVAL🎈

最終更新: 2019年3月29日

モロッコの息子の幼稚園では年に3回パーティーイベントがあり、その一つがカーニバル。

カーニバルの日は皆でおやつを楽しんだ後、仮装した子供たちがドラムバンドと一緒に学校の周りを練り歩くのが毎年恒例。パレードは保護者も参加できると聞いて、見に行ってきました。


仮装のテーマはクラスごとにそれぞれ。

息子のクラスは様々な動物が出てくる絵本がテーマだったらしく、息子はワニの格好で登場。

衣装は先生と子供たちの手作りなのですが、完成度が高く、先生の頑張りがひしひしと伝わってきました(笑)先生に感謝です。


日本では子供行事として、あまり聞きなれないカーニバル。子供達が仮装するっていうとハロウィンを思いつきますよね。


じゃぁカーニバルって?

と調べてみると。

そもそもはカトリック文化圏で復活祭(イースター)の46日前にキリストの苦行を忍んでする断肉期間を迎える前に行われる宗教的なお祭りだそうです。今ではそのお祭りの部分が強く残り、寒い冬を乗り切る楽しみや春の訪れをお祝いするための行事として各地で親しまれているのだとか。

ここモロッコはイスラム教の国ですが、フランス植民地時代の影響もあり、フランスの文化が残ってたりします。フランス系の学校も多いので、カーニバルも宗教的なことを気にするというよりパーティーの一つとして皆、学校行事を楽しんでる様子♪(フランスの影響といえば、モロッコは伝統的なアラビアパンも美味しいですが、クロワッサンも美味しいですよ)



キリスト教徒の多いヨーロッパでは毎年2月ー3月頃にカーニバルのパレードが各地で行われているようなので、お祭りに合わせて、次の旅行を計画されるのも楽しいかもしれませんね。

興味のある方はぜひ調べてみて下さいね。



ちなみにこの写真はフランスマントンのカーニバルに行った時のもの。マントンはレモンの有名な場所なので、お祭り会場はレモンとオレンジでデコレーションされていました。